オススメリンク
相続税のことなら京都のこちらへ|相続の窓口 最善の提案をできる相続のことなら大阪のこちらにお任せください。複雑な相続の手続きもプロがしっかりサポートしてくれますよ。
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
明細です

相続で弁護士の活用

相続は誰もが経験する可能性があるものです。
ただし遺産の額や種類、また遺産を受け取る人の状況は相続ごとに大きく異なります。

相続問題は類型化するのが難しく、一件一件ごとのオーダーメイドの対応が必要となるので、専門知識を有する弁護士に相談する必要があります。
弁護士は法的専門知識を有するプロフェッショナルですが、特定の分野に特化した弁護士もいます。
ですので、相続に関する相談は、相続を専門的に扱うことを謳っている弁護士事務所を訪ねることが良いでしょう。
遺言書の作成・執行や紛争解決のほか、税理士や司法書士との連携によるなどの幅広いサポートをワンストップで享受することができます。
弁護士事務所に相談するタイミングは、相続発生前が効果的です。

遺言書作成がトラブル回避に大きく貢献するからです。
遺言書がない場合、遺産は法定分割されますが、専門的知識なく法律を解釈すると遺産分割協議の際に話しが噛み合なくなるケースがでてきます。
遺言書作成を事前に相談することで、遺産分割がスムーズに進むほか、家族間でも親の意思の尊重として納得して遺産分割に同意する効果が期待できます。
弁護士相談料金を心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、遺言作成にかかる費用に比べ法廷闘争にかかるコストは、時間・費用ともに段違いなものです。
親族と良好な関係を長く続けていくことを望むならば、弁護士に相談し、事前準備を整えとくことがとても重要です。

相談料

相続のノウハウ

人間である以上、相続は避けて通れない問題です。
しかし、相続に関し準備をとっている家庭は少なく、突然の遺産相続の発生した場合、家族内での遺産分割協議がスムーズに進まず家族関係が崩壊する事例は多く見られます。
ですので、遺産分割協議の手間と時間を少しでも少なくするためにも事前準備として弁護士や会計士の先生に相談することは大事なことといえます。

相続の準備に必要なことは大きく分けて三つあります。
「自分が所有する財産リストの作成」、「遺産分割方法の定め」、「遺言書の作成」の三つです。
持っている資産や相続人数は個人によって異なります。
税制も時とともに変化するので、これらは弁護士などの専門家に相談すべき事柄です。

さらに、相続税対策に関しても弁護士などの専門家に相談することは推奨されます。
相続税対策は、素人が答えを探すより、様々な手法を熟知している専門家に解決策を仰ぐ方が効果的です。
例えば、資産を現金から不動産に変えると税制上有利であったり、孫に生前贈与をし節税対策をすることがなどがあります。
どれも、法律に関することで申告手続きが複雑なものとなっているので、相談だけでなく諸手続きの代行を依頼できる専門家を訪ねることが重要です。
この点、弁護士事務所は弁護士と税理士の人材を揃えているところが多く、上記の三つの点に関する相談ができるだけでなく、節税対策の方法に関するアドバイスや諸手続き代行を依頼することができます。

家の査定

プロにより円滑に進む

弁護士に相談するには、1時間当たりの料金がかかりますが、相談した弁護士に相続の事を任せれば、手付金を支払ってその後は、円滑に手続を進めてくれます。
財産の取り合いでもめた場合なんかでも、弁護士に相談する事で法的な解決策を見つけ出してくれるので、大変便利になっています。

弁護士に任せる事によって、承継できる財産が増える場合も珍しくないので、弁護士の費用も軽く浮く事になります。
遺留分減殺請求は、請求できる期間が限られているので、期間を越えた請求は時効にかかり、財産がもらえなくなるから、よく弁護士に相談してもらえるものはもらわないと損になります。